記録と記憶をみらいへ
Blog

催し物案内

第9回 阪神・淡路大震災資料の保存・活用に関する研究会

神戸大学の佐々木和子さんより、震災研究会のお知らせです(^^) ■第9回 阪神・淡路大震災資料の保存・活用に関する研究会 震災から14年をむかえました。 神戸大学大学院人文学科地域連携センターでは、 人と防災未来センター …

第4回 地域史卒論報告会

■第4回 地域史卒論報告会のお知らせ 例年の通り、歴史資料ネットワークと神戸史学会が共同して地域史卒論報告会を開催いたします。 この報告会は、市民との価値観の共有をめざす両主催団体が、 学生と市民をつなぐ「場」として続け …

園田の歴史に学ぶフォーラム開催

尼崎市立地域研究史料館の辻川館長よりお知らせです(^^) 園田の歴史に学ぶフォーラム開催」のご案内です。 このたび、地元の皆さんの手により編さんされた冊子 『園田のあゆみ』発刊を記念する企画です。 関心お持ちの方、ふるっ …

尼崎歴史セミナーのお知らせ

尼崎市立地域研究史料館の辻川館長からのお知らせです(^^) 2月末から3月にかけて、尼崎で開催される歴史セミナーの ご案内です。関心をお持ちの方、ぜひふるってご参加ください。 (ま) 「歴史セミナー~尼崎の歴史をたどる、 …

第9回阪神・淡路大震災資料の保存・活用に関する研究会

■第9回 阪神・淡路大震災資料の保存・活用に関する研究会のご案内 震災から14年をむかえました。 神戸大学大学院人文学科地域連携センターでは、 人と防災未来センター開館以来、資料室と連携をとりながら、 震災資料の保存・活 …

新「尼崎市史」研究会 第2回

尼崎市立地域研究史料館 辻川敦館長からのお知らせです。 新「尼崎市史」研究会を次の通り開催します。関心お持ちの方、どうぞご参加ください。 ■新「尼崎市史」研究会 第2回  日 時  平成21年3月5日(木)午後2時~5時 …

『尼崎市史』を読む会 義経と戦争-摂河泉を中心に-

尼崎市立地域研究史料館の辻川敦館長からお知らせです。 『尼崎市史』を読む会のご案内です。 3月は次のとおり特別例会を開催します。 どうぞお誘い合わせの上、ご参加ください。 ■『尼崎市史』を読む会第161回例会(特別例会) …

『尼崎市史』を読む会

尼崎市立地域研究史料館の辻川館長からのお知らせです。 関心お持ちの方、ふるってご参加ください。 ■『尼崎市史』を読む会 例会 毎月第三木曜日 第160回例会 於中央図書館セミナー室 平成21年2月19日(木)午後6時~7 …

水堂立花・地域歴史展のお知らせ

史料ネット会員の方からお知らせです(^^) (ま) ************* 尼崎・水堂の須佐男神社宮司上村武男氏は立花地域の研究を精力的に進めておられ、これまでも 「写真と地図でたどる わが町いまむかし展」(2005 …

第4回アジア古籍保全講演会のお知らせ

東京大学東洋文化研究所図書室さんからのお知らせです(^^) ———————————&#8 …

文化遺産を通じて国際貢献を推進するシンポジウム

クバプロさんからのお知らせです(^^) (ま) **************************************************         私の文化遺産再発見 ~文化遺産を通じて国際貢献を推進す …

「大津事件の真相に迫る」 滋賀県県民生活課県民情報室

滋賀県県民文化生活部県民生活課県民情報室よりお知らせです。http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/ab00004/20081208.html ■シリーズ「歴史的文書を考える」第2回 …

『尼崎市史』を読む会

尼崎市立地域研究史料館の辻川館長からのお知らせです。 関心お持ちの方、ふるってご参加ください。 ■『尼崎市史』を読む会 例会 毎月第三木曜日 第159回例会 於中央図書館セミナー室 平成21年1月15日(木)午後6時~7 …

平野歴史クラブ 古文書勉強会のご案内

平野歴史クラブから 旧奥平野村 古文書勉強会のご案内を転送いたします(ま) ——————————&# …

史料ネット市民講座 「兵庫津歴史講演会」の開催

「兵庫津歴史講演会」の開催 (史料ネットと兵庫区役所とのコラボ企画)  兵庫区では,地域住民との協働により区内の歴史を活かした魅力あるまちづくり「兵庫区歴史花回道構想」の実現に取り組んでいます。  この構想を推進するため …

第30回京都歴史災害研究会のお知らせ

立命館大学歴史都市防災研究センターさんからのお知らせです 日 時 : 2008年 12月 19日(月) 16:00~ 場 所 : 立命館大学衣笠キャンパス 歴史都市防災研究センター  報告者 : 文化遺産国際研究センター …

『尼崎市史』を読む会

尼崎市立地域研究史料館の辻川館長からのお知らせです。 ■『尼崎市史』を読む会 例会 毎月第三木曜日 第158回例会 於中央図書館セミナー室 平成20年12月18日(木)午後6時~7時30分 『図説尼崎の歴史』下巻近代編第 …

第4回 震災映像資料の上映会 ~人と防災未来センター資料室

人と防災未来センター資料室のIさんからのお知らせです(^^) ■第4回 震災映像資料の上映会 大震災に立ち向かった消防隊員  人と防災未来センター資料室では、阪神・淡路大震災の記憶の風化させることなく、被災者の想いと震災 …

大阪湾防備と和田岬砲台

兵庫区役所まちづくり推進部まちづくり課さんからお知らせです 日時 11月22日(土)13:30~15:45 場所 兵庫公会堂(区地階) 講演  「大阪湾の台場」 松林 宏典氏(教育委員会学芸員)     「大阪湾の防備と …

水損歴史資料ワークショップのご案内(於西宮市教育文化センター)

大学コンソーシアムひょうご神戸 社会連携助成事業 県内5大学(関西学院大学・甲南大学・神戸大学・神戸女子大学・大手前大学)文化財系連携 (後援:西宮市教育委員会、歴史資料ネットワーク) 「 水 損 歴 史 資 料 ワ ー …

企画展 発掘された明石の歴史展 ~法道仙人と行基菩薩~

企画展 発掘された明石の歴史展 ~法道仙人と行基菩薩~ ■会期:2008年11月15日(土)~12月15日(日)  ■休館日:毎週月曜日休館(11月24日は開館) ■開館時間:午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5 …

MuseScope(ミューズスコープ)Ver2.0

■凸版印刷株式会社が新サービス開始 博物館・美術館向けに、 収蔵品資料情報をインターネットを通じてWebブラウザ上で管理可能なASPサービス 「MuseScope(ミューズスコープ)Ver2.0」(URL http:// …

2008年度民科大会のお知らせ

民科委員(って私ですが)からのお知らせです。(ま) ■2008年度大会  テーマ:歴史資料の保存・活用における「公」と「民」─文化財行政と地域住民の役割─  日時:2008年11月29日(土)13:30~18:00  場 …

減災報道研究会のご案内

人と防災未来センター研究調査員の高橋さんからお知らせです(^^) ■減災報道研究会特別編「四川大地震の被災地は今」の開催ご案内  時下、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。 さて、人と防災未来センターは、阪神・淡路大震 …

『近江 愛知川町の歴史』第三巻発刊記念講演会

愛知川町史編纂委員会からのお知らせです。 『近江 愛知川町の歴史』第三巻 民俗・文献史料編 発刊記念講演会 日時 平成20年11月22日(土) 午後1時~同4時30分 場所 愛知川公民館 大ホール(滋賀県愛知郡愛荘町愛知 …

第29回京都歴史災害研究会のお知らせ

京都歴史災害研究会事務局からのお知らせです ■第29回京都歴史災害研究会 日 時 : 2008年 11月 17日(月) 16:00~ 場 所 : 立命館大学衣笠キャンパス 歴史都市防災研究センター 地階カンファレンスホー …

門戸厄神東光寺松風館開館のお知らせ

門戸厄神東光寺さんからのお知らせです。 東光寺さんは、 阪神・淡路大震災を契機に、近隣より救出した諸資料を収納し、 それらの保存活用をはかるための資料館的施設を設置する計画をたてておられましたが、 このたび「門戸厄神東光 …

滋賀大経済学部ワークショップ

Aさんからお知らせいただきましたのでお知らせします(^o^) ■滋賀大経済学部ワークショップ  報告者:井口 和起 (京都府立総合資料館館長)      高橋  実 (国文学研究資料館アーカイブズ系研究主幹)       …

新「尼崎市史」研究会が立ち上がります

尼崎市立地域研究史料館さんからのお知らせです (ま) ■新「尼崎市史」研究会のお知らせ  このたび、新「尼崎市史」編集事業の調査研究成果を 広く公表し、それぞれのテーマに関心のある方に調査研 究や市史づくりにご参加いただ …

『尼崎市史』を読む会のお知らせ

尼崎市立地域研究史料館から『尼崎市史』を読む会のご案内です。 関心お持ちの方、ふるってご参加ください(^^) ■例会 毎月第三木曜日  第157回例会 於中央図書館セミナー室  平成20年11月20日(木)午後6時~7時 …

« 1 23 24 25 »
  • twitter

カテゴリー

アーカイブ

Google Translate
PAGETOP
Copyright © 歴史資料ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.