記録と記憶をみらいへ
Blog

主催

2017年度総会シンポジウムをライブ配信します

山陰や九州での豪雨により甚大な被害が発生しています。被害に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。史料ネットでも、現在情報の収集などにあたっているところです。 さて、7月9日に2017年度総会シンポジウム「被災資料 …

2017年度総会シンポジウム「被災資料整理ボランティアのあり方を考える」を開催します(7/9・梅田)

みなさま、今年度の歴史資料ネットワークの総会シンポジウムを下記の要領で開催することになりました。参加申し込みは不要で、どなたでもご参加いただけます。多くの方のご参加をお待ちしております。 ※なお、当日10:00より同じ会 …

第12回地域史卒論報告会を開催します!(3/19)

今年も下記の要領で、地域卒論報告会を開催することになりました。この催しは大学生が市民のみなさまにむけて、自身が取り組んだ地域の歴史研究について報告するものです。2006年から開催してきましたが、今年で12回目を迎えました …

2016年度史料ネットのシンポジウム中継会場はこちらです

ご案内のように、明日7月3日(日)に2016年度のhttp://siryo-net.jp/event/201607-general-meeting/を開催いたしますが、シンポジウムの模様をこちらのページでインターネット中 …

2016年度総会シンポジウム「資料保全と活用の長い道のり―熊本地震によせて―」を開催します(大阪・7/3)

歴史資料ネットワークでは、下記の要領で今年度の総会シンポジウムを開催することとなりました。みなさまのご参加をお待ちしております。なお、会員のみなさまには、総会でご審議いただく議案を後日お届けする予定です。また、シンポジウ …

「熊本地震」に関する報告会を開催します(4/28)

このたびの熊本地震についてはすでにお伝えしたとおり、4/23付で「熊本被災史料レスキューネットワーク(熊本史料ネット)」が設立されたことから、本会としても熊本史料ネットを全面的にサポートする方針を固めておりますが、これに …

第11回 地域史卒論報告会を開催します!(3/13)

今年も下記の要領で、地域卒論報告会を開催することになりました。この催しは4月から社会人となる大学生が市民のみなさまにむけて、自身が取り組んできた地域の歴史研究について報告するものです。 2006年から開催してきましたが、 …

歴史資料ネットワーク 2015年度総会・シンポジウム「被災史料保全の広がりを考える」を開催します

歴史資料ネットワークは、7月5日(日)に2015年度総会、ならびにシンポジウム「被災史料保全の広がりを考える」を開催します。 シンポジウムでは、史料ネット設立当初のメンバーや、2004年の台風23号被害で、初めて水損史料 …

「全国史料ネット研究交流集会」をインターネット中継します

今週末に開催いたします「全国史料ネット研究交流集会」の模様をこちらのページでインターネット中継いたします。配信予定時刻と配信URLは以下の通りです。 2015年2月14日(土)13:00-18:00(日本時間) http …

全国史料ネット研究交流集会関連企画「トークイベント 資料保全の現場」のお知らせ

2015年2月14日(土)15日(日)の全国史料ネット研究交流集会の終了後、同じ会場で関連企画「トークイベント 資料保全の現場」を開催します。 大規模水害や東日本大震災への対応について、神戸・宮城の史料ネットより話題提供 …

兵庫県立歴史博物館で特別企画展「阪神・淡路大震災20年「災害と歴史遺産」―被災文化財等レスキュー活動の20年」が開幕(-3/15)

兵庫県立歴史博物館では、現在、特別展「阪神・淡路大震災20年「災害と歴史遺産」―被災文化財等レスキュー活動の20年」が開催されています。会期は3月15日までで、2月8日には水損史料修復のワークショップ(要申込)も開催しま …

「全国史料ネット研究交流集会」および懇親会の参加申し込みの受付を開始しました!

2015年2月14日(土)・15日(日)に開催いたします「全国史料ネット研究交流集会」の参加申し込みの受け付けを開始しました。 集会につきましては事前申し込みは不要ですが、懇親会は事前申込制となっております。 (※集会に …

歴史資料ネットワーク設立20周年記念「全国史料ネット研究交流集会」を開催します(2/14・15)

阪神・淡路大震災の発生から20年を迎える2015年、歴史資料ネットワークの活動も20年目を迎えることになりました。 この間、歴史資料ネットワークでは、全国20を超える各地の資料保全ネットワークと協力しつつ、大規模自然災害 …

2014年総会・シンポジウム「資料保存に集う人々―そのあり方を考える―」を開催します(7/12)

阪神・淡路大震災で被災した歴史資料の保全を目的に発足した「歴史資料ネットワーク(略称・史料ネット)」(代表・奥村弘神戸大学大学院教授)は7月12日に総会・シンポジウム「資料保存に集う人々―そのあり方を考える―」を開催いた …

第9回地域史卒論報告会を開催します!(3/22)

このたび、歴史資料ネットワークでは、神戸史学会と共催し「地域史卒論報告会」を開催することになりました。 この報告会は4月から社会人となる大学生のみなさんが、卒業論文で取り組んできた地域の歴史研究の成果を、市民のみなさまに …

ワークショップ「被災資料保全を体験しよう!」のお知らせ

  このたび、当会主催のワークショップ「被災資料保全を体験しよう!」を開催することとなりましたので、お知らせいたします。 水害や津波で被災した歴史資料の保全活動が、現在各地で取り組まれています。その活動には、必 …

2013年度総会・シンポジウム「東日本大震災からまだ2年、資料保全活動の現状と課題」を開催します(7/6)

歴史資料ネットワークでは、2013年7月6日に2013年度の総会・シンポジウム「東日本大震災からまだ2年」を開催いたします。午後からのシンポジウムはどなたでもご参加いただけます。改めて資料保全の現状と課題を共有できる場と …

3月9日に地域史卒論報告会を開催します!

本年度も地域史卒論報告会を開催します! この会は、大学で日本史を学び、4月から社会人となる大学生が、市民のみなさまにむけて、自身が取り組んできた地域の歴史について、報告するものです。 今年度は以下の3名の方に、兵庫・三重 …

「水に濡れた紙とフィルムの修復ワークショップ」を開催します

水に濡れた紙とフィルムの修復ワークショップを開催します。 趣旨 2011年に発生した東日本大震災、紀伊半島水害の被災地において、写真アルバムや卒業証書など「思い出の品」を残す取り組みが広がりました。災害が頻発するなかで、 …

第7回 地域史卒論報告会

「第7回 地域史卒論報告会のお知らせ」です。 歴史資料ネットワークは毎年、神戸史学会との共催で「地域史卒論報告会」を開催しております。 この催しは、地域の歴史を大学で学び卒業論文を書き上げた学生の研究成果を、 市民の方々 …

カテゴリー

アーカイブ

Google Translate
PAGETOP
Copyright © 歴史資料ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.