記録と記憶をみらいへ
Blog

その他の情報

施設のリニューアル・新しいサービスや、職員公募の情報など。

ラジオ関西の番組で活動が紹介されました(3/24)

3月24日に放送されたラジオ関西の番組「時間です!林編集長」にて、当会の活動が紹介されました。当該番組のアーカイブが配信されており、3月31日まで無料で聴くことが出来ます。なお、関西地域での放送のため、他地域では有償の会 …

NHK newsweb特集で活動が紹介されました

NHK newsweb特集で 「その資料捨てないで! 被災地で「歴史」を守る 」として、当会を含む各地の資料保全団体の活動が紹介されました。これらの報道もあって、最近ボランティア活動についてのお問い合わせをいただいており …

兵庫津ミュージアム整備のための任用職員を公募中です。

兵庫県が、兵庫津ミュージアムの整備に向け任用職員の募集を行っているそうです。受験資格に年齢制限はありませんが、募集期間が今月21日までと短いですので、ご注意ください。 (採用選考案内) http://web.pref.h …

東海資料ネットと宮崎ネットがSNSを開設されました

先にお知らせしたように、2月16日に東海資料ネットが設立されました!事務局は名古屋大学文学部におかれるとのことです。また、すでにtwitterアカウントを開設されています。みなさま、フォローをお願いいたします。設立総会の …

国立国会図書資料保存専門職員採用説明会のお知らせ

国会図書館からのお知らせです。このたび、資料保存専門職員の採用を実施するにあたって、説明会を開催するとのことです。詳しくは国会図書館からのご案内をご覧ください。 【内容】 国立国会図書館は、次の予定で資料保存専門職員採用 …

NHK Eテレ「日曜美術館」で文化財レスキュー特集が放送されます(1/26)

  NHK Eテレの番組「日曜美術館」において、「被災した美術品を救え!~文化財レスキュー最前線~」が放送されます。 放送日時は以下のとおりです。 ぜひご覧ください。 放送日時:2020年1月26日 9:00~ …

尼崎市の公文書館事業専門職員(正規職員)​採用試験のお知らせ

尼崎市立地域研究史料館では、このたび職員採用試験を実施するとのことですので、お知らせします。 〇尼崎市が本年(令和2年、2020年)4月に採用する専門職員(正規職員)採用試験実施のお知らせ 尼崎市は、本年10月に新博物館 …

新潟ネットが「6月18日の地震で被災された皆様へ」を発表

昨晩、山形県沖を震源とし、新潟県で震度6強を観測する大きな地震が発生しました。津波注意報は解除されましたが、気象庁も余震に注意するよう呼びかけています。 一方、新潟歴史資料救済ネットワークでは、「6月18日の地震で被災さ …

岡山史料ネットがウェブサイトを開設

岡山史料ネットでは、これまでtwitterを中心に情報発信を行われてきましたが、このほどウェブサイトも開設されました。また、あわせてニュースレターも年2回程度発行されるとのことで、その第1号(PDF)がウェブサイトで公開 …

「8月文化財保全活動&栄村秋山郷常民塾」へお誘い(地域史料保全有志の会、8/9~8/13)

地域史料保全有志の会からのお知らせです。以下の要領で、長野県栄村での古文書整理作業および「秋山郷常民塾」の参加者を募集するとのことです。詳しくは以下のご案内をご覧ください。 –以下、転載です– 東 …

宮城ネットの佐藤大介さんが参議院で意見陳述されました

宮城ネットからのお知らせです。7月11日に宮城ネット事務局の佐藤大介さんが参議院・東日本大震災復興特別委員会で災害からの史料救済の意義と課題、可能性について意見陳述を行いました。 下記よりご覧いただくことができます。 参 …

愛媛資料ネットがtwitterアカウントを開設

愛媛資料ネットでは、このたびtwitterアカウント(@ehime_s_n)を開設されましたのでお知らせします。ご関心の方に、ご案内いただけましたらさいわいです。

岡山史料ネットがtwitterアカウントを開設

岡山史料ネットでは、このたびtwitterアカウント(@okayamasiryonet)を開設されましたのでお知らせします。ご関心の方に、ご案内いただけましたらさいわいです。

神戸市が阪神・淡路大震災関連文書の整理作業の終了を発表

神戸市では、平成22年度から震災関連文書の整理・保存作業を行ってきました(当初の保管文書ファイル数は約41,000点、ダンボール箱約6,400箱)が、このほどその整理作業が終了したことが発表されました。今後は、神戸市情報 …

鳥取県が「歴史資料として重要な公文書等の保存等に関する条例の概要」について意見を募集中(-11/2)

鳥取県では現在「鳥取県における歴史資料として重要な公文書等の保存等に関する条例」の制定を検討しているとのことで、概要についてパブリックコメントを実施しています。締め切りは11月2日です。 この条例は、歴史公文書等は、それ …

東京文化財研究所がアソシエイトフェロー(文化遺産保護)を募集

東京文化財研究所では、現在文化遺産保護に関するアソシエイトフェローを公募しています。応募の締め切りは11月8日です。詳しくは、下記をご覧ください。 東京文化財研究所 http://www.tobunken.go.jp/j …

北海道立文書館が水に濡れた写真・書類などの保全を呼びかけ

このたびの台風11号・9号により、北日本・東日本で大きな被害が発生しました(内閣府・防災情報)。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 このようななか、北海道立文書館では以下のような緊急メッセージをサイトに発表 …

群馬県市町村公文書等保存活用連絡協議会がウェブサイトを開設

群馬県市町村公文書等保存活用連絡協議会(群文協)では、2016年6月にウェブサイトを正式に開設されたとのことです。群文協とは、群馬県および県内全35市町村によって、「県及び県内の市町村が保管する公文書や地域に伝存する古文 …

全史料協が「平成28年熊本地震被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」を提出

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)が4月28日付けで内閣総理大臣に対して「平成28年熊本地震被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」を提出しました。 「被災地にある公文書等の保全と救済について万全を …

昨年放映の「歴史はよみがえるのか?~震災で失われたもの~」がyoutubeにアップされました

宮城ネットからのお知らせです。 昨年12月にBS12で放映された「未来への教科書~For Our Children #110『歴史はよみがえるのか?~震災で失われたもの~』が、このたびYouTubeにアップされたとのこと …

岩波書店「3.11を心に刻んで」に当会代表の奧村弘が寄稿しました

毎月11日に岩波書店webサイトで連載されている「3.11を心に刻んで」に、当会代表の奧村弘が寄稿いたしました。 下記のリンクよりご覧ください。 http://www.iwanami.co.jp/311/DOCs/160 …

第2回全国史料ネット研究交流集会のフェイスブックページができました

先日お知らせしました第2回全国史料ネット研究交流集会のフェイスブックページができました。集会にむけた動きや各ネットの取り組みなどお知らせしていく予定です。どうぞご覧ください。(フェイスブックに登録されていなくてもご覧いた …

神戸市が被災文書の4割を処分検討中との報道がありました

神戸新聞の報道によると、神戸市ではこれまで継続保存してきた阪神・淡路大震災に関する公文書の一部について、保管場所等の問題から廃棄を検討しているとのことです。 市の企画課では「検討内容を各文書の所管部署に昨年12月21日付 …

尼崎市立地域研究史料館が嘱託員(1名)を公募しています

尼崎市立地域研究史料館(facebook)では以下の職務にあたる嘱託職員を公募しています。詳しくは下記URLをご覧下さい。 (1)尼崎市の歴史的公文書等、歴史資料の調査・整理・保存・公開事務 (2)市史等歴史刊行物の調査 …

国立文化財機構東京文化財研究所が研究員を公募しています

国立文化財機構東京文化財研究所が研究員を募集しています。業務内容は「国立文化財機構東京文化財研究所が行っている文化財(主に壁画)保存修復に関わる調査研究及び国際協力事業の遂行」とのことです。 詳しくは、下記をご覧ください …

BS TwellV『未来の教科書』第110回のお知らせ(12/5)

ふくしまネットからのお知らせです。 BS TwellV(トウェルビ)にて放映されている『未来の教科書』の第110回『歴史はよみがえるのか?~震災で失われたもの~』が放送されます。宮城資料ネットの活動が紹介されるほか、ふく …

福島県文化財センター白河館(まほろん)が東日本大震災と文化財に関する 証言・メッセージ等を募集中

ふくしまネットからのお知らせです。 福島県文化財センター白河館(まほろん)では、ふくしま復興展Ⅱ「よみがえる文化財―震災からの救出活動と再生への取り組み―」(会期:2015年10月17日(土)~12月6日(日) 会場:ま …

「被災ミュージアム再興事業」について公聴会のとりまとめ結果が出ました

東日本大震災で被害を受けた博物館等を支援する目的で実施している被災ミュージアム再興事業について、先日、当会のホームページでも情報のお知らせを行いましたが、その続報です。 毎年、国が行う約5千の事業からいくつかを抽出し、有 …

「被災ミュージアム再興事業」の必要性が公聴会で議論されるとのことです(6/26)

文化庁が東日本大震災で被害を受けた博物館等を支援する目的で実施している被災ミュージアム再興事業に関する情報提供をいただきました。動向が気になります。 毎年、国が行う約5千の事業からいくつかを抽出し、有識者による公聴会で事 …

須佐歴史民俗資料館(萩市)が再開!

2012年7月の豪雨災害により被災・休館していた須佐歴史民俗資料館(山口県萩市)がこのほど改修を終え、再開されました。 現在、復旧作業中に発見された江戸時代の水害の様子が書かれた木の板がや2012年の災害写真などが展示さ …

1 2 3 4 »
  • twitter

カテゴリー

アーカイブ

Google Translate
PAGETOP
Copyright © 歴史資料ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.