イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
■岡山ネット
2009年度史料ネットセミナー「災害から歴史遺産を守る!」の報告です。

・日時:2010年2月13日(土) 13:30~17:00
・場所:瀬戸内市中央公民館多目的ホール
・報告:松下正和(神戸大学大学院人文学研究科特命講師)
      「水害と歴史資料」
     河野未央(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター研究員)
      「風水害からの歴史資料救出と保全‐史料の『救命士』を目指して‐」
・実演:吉原大志(神戸大学大学院人文学研究科博士課程)
      「水損した歴史資料の保全方法」
・史料ネットからの参加:板垣貴志・中岡宏美の計5名
・主催:岡山史料ネット・岡山県立記録資料館・岡山大学文学部
・後援:瀬戸内市教育委員会
 
「予防ネット」として活動中の岡山ネットは、
2009年の台風9号の際に、美作市において水損史料の調査活動をおこないました。
今回は、岡山県内の皆様と水損史料の保全方法について議論し合う場を設けていただきました。
 
当日は市民の方や、行政の方、大学関係者の方など50名近くの皆様にご来場いただきました。
過去の水害時の話や、地域での史料保全のあり方について参加者の方々と意見交換することもでき
こちらにとっても有益な会となりました。
お招きいただいた岡山史料ネット・岡山県立記録資料館・岡山大学文学部・瀬戸内市教育委員会の皆様に
お礼申し上げます。(ま)
 
◇◆お問い合わせ先◆◇
岡山史料ネット
〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1
岡山大学文学部日本史研究室 今津勝紀