記録と記憶をみらいへ
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 京都

タグ : 京都

大船渡シンポジウム「歴史をつなぐ、人をつなぐ」のお知らせ(3/4)

歴史資料ネットワークでは2016年3月より、東日本大震災で津波被害にあった岩手県大船渡市赤崎町S家の資料群を受け入れ、ドライクリーニング作業を行ってきました。 多くの方々にご参加をいただきましたおかげで、ドライクリーニン …

熊本ネット講演会「大慈禅寺と本妙寺―被災寺院の知られざる歴史と現在」のお知らせ(3/18)

熊本ネットからのお知らせです。このたび、熊本ネットでは「学んで守ろう熊本の歴史遺産」という講演会を開催されることになりました。事前申し込みは不要で、参加費も無料です。どうぞお運びください。チラシ(PDF)もご利用ください …

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんが歴史資料保全についてのお願いを発表しました

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんが、12月28日に発生した茨城県北部を震源とする地震について、歴史資料保全のお願いを発表しましたので、以下に転載いたします。 http://rekishishiryo.jugem.jp …

尼崎市史を読む会特別企画「市制100周年記念の新「尼崎市史」ってどんな本?」のお知らせ(12/18)

尼崎市立地域研究史料館からのお知らせです。このほど刊行された新しい市史『たどる調べる尼崎の歴史』についての講演会・シンポジウムが開催されるとのことです。 市制100周年を記念して刊行した『たどる調べる尼崎の歴史』及び『尼 …

神戸映像アーカイブプロジェクト公開講座・勉強会「ノンフィルム資料の保存と活用」のお知らせ(12/11-12)

神戸映画資料館からのお知らせです。 脚本、ポスター、スティル写真、プレス資料、機材などのいわゆる「ノンフィルム資料(映画関連資料)」に関する公開講座・勉強会が、神戸映画資料館を会場に開催されます。 参加無料ですが、2日目 …

全史料協近畿部会「未来に引き継ぐ公文書」のお知らせ(11/16)

全史料協近畿部会では、下記の要領で例会を開催するとのことです。詳しくは、近畿部会のブログをご覧下さい。 ■と き  2016年11月16日(水) 午後1時30分~15時00分 ■ところ  滋賀県庁 新館7階 大会議室 J …

京都国立博物館主催講演会「今、そこにある危機:関西地域の災害と文化財」のお知らせ

京都国立博物館からのお知らせです。 独立行政法人国立文化財機構が進めている「文化財防災ネットワーク推進事業」の一環として、文化財の防災に関する講演会を開催するとのことです。 奮ってご参加ください。 なお、会場は京都国立博 …

九州国立博物館講演会「歴史と共に考える文化財の防災・減災」のお知らせ(7/18)

国立文化財機構では、「文化財防災ネットワーク推進事業」のいっかんとして、九州国立博物館で特別講演会を開催するとのことです。定員がありますが、参加費は無料で、事前の申込も不要とのことです。詳しくは、下記URLをご覧下さい。 …

全史料協近畿部会第133回例会のお知らせ(6/14)

全史料協近畿部会からのお知らせです。 今年度の総会にあわせて、下記の要領で第133回例会を開催するとのことです。 ●日 時  2016年6月14日(火) 14:40~16:20 ●報告者  定兼 学氏(岡山県立記録資料館 …

東日本大震災被災資料クリーニング作業のボランティアを募集します(3月~)

歴史資料ネットワーク事務局では、昨年10月24日、東日本大震災で津波被害にあった岩手県大船渡市赤崎町S家の資料群の一部を受け入れました。この資料群は大船渡で紙本・書籍保存修復をされている金野聡子氏、宮城資料ネット、京都造 …

公開シンポジウム「地域と共に考える文化財の防災減災Ⅱ」のお知らせ

九州国立博物館より、公開シンポジウム「地域と共に考える文化財の防災減災Ⅱ」開催のお知らせです。 事前申し込み不要(定員280名)、参加費無料です。 詳細はコチラ 公開シンポジウム「地域と共に考える文化財の防災減災Ⅱ」 日 …

京都国立博物館講演会「文化財を災害から守る―文化財防災の過去・現在・未来―」のお知らせ

京都国立博物館からのお知らせです。 独立行政法人国立文化財機構による「文化財防災ネットワーク推進事業」の一環として、京都国立博物館の主催で講演会「文化財を災害から守る―文化財防災の過去・現在・未来―」が開催されるとのこと …

文化遺産防災国際シンポジウム「文化遺産を大災害からどう守るか:ブルーシールドの可能性」のお知らせ(12/13)

国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進本部では12月13日10時より京都国立博物館において、文化遺産防災国際シンポジウムを開催するとのことです。参加には事前のお申し込み(定員200名)が必要です。詳しくは、こちらのUR …

国立公文書館で特別展「災害に学ぶ ―明治から現代へ―」が開催されます(9/19-10/12)

国立公文書館(東京)では、下記の要領で特別展「災害に学ぶ―明治から現代へ―」を開催するとのことです。詳しくは下記をご覧下さい。 地震、噴火、台風、洪水などの自然災害だけでなく、火災や戦災等についても取り上げるほか、救護活 …

歴史学研究会大会のお知らせ(5/23-24)

  2015年5月23日(土)~24日(日)、歴史学研究会の大会が慶應義塾大学三田キャンパスにて開催されます。 今年も史料ネットでは、会場内で書籍展示を行いますので、大会に参加される方は、ぜひお立ち寄りください …

史料保存利用問題シンポジウム「地域史料に未来はあるか?―史料の保存利用と地域のアイデンティティ―」のお知らせ(6/27)」

  日本歴史学協会などが主催するシンポジウム「地域史料に未来はあるか? ―史料の保存利用と地域のアイデンティティ― 」が開催されます。 詳細はコチラ(日本アーカイブズ学会のページに移ります) 史料保存利用問題シ …

日本アーカイブズ学会大会のお知らせ(4/25-26)

日本アーカイブズ学会より大会のお知らせです。 参加費は会員500円、非会員1,000円、 事前申し込み不要とのことです。 詳細はコチラ 日本アーカイブズ学会2015年度大会 【日時】2015年4月25日(土)・26日(日 …

国文学研究資料館編『幕藩制アーカイブズの総合的研究』が刊行されました

国文学研究資料館編『幕藩制アーカイブズの総合的研究』(思文閣出版、2015年2月20日)が刊行され、当会の事務局にも御恵贈いただきました。ありがとうございました。 http://www.shibunkaku.co.jp/ …

第3回地域歴史資料学研究会「2014年8月豪雨災害対応研究会」のお知らせ(3/24)

神戸大学では、以下の要領で「2014年8月豪雨災害対応研究会」を開催するとのことです。広島・京都・兵庫の事例をとりあげるものです。ぜひご参加下さい。 科研S 第3回地域歴史資料学研究会「2014年8月豪雨災害対応研究会」 …

十日町市古文書整理ボランティア記念講演会のお知らせ(3/21)

新潟県十日町市では、中越地震を機に古文書整理ボランティアが活動しています。これまでのボランティアのあゆみを記録した冊子『新潟県中越大震災と資料整理 ― 十日町市古文書整理ボランティアのあゆみ ― 』が刊行されたことをうけ …

人間文化研究機構研究会「人文科学における災害情報の共有化」のお知らせ(3/28)

人間文化研究機構では、下記の要領で研究会「人文科学における災害情報の共有化」を開催するとのことです。参加には、事前に申し込みが必要とのことです。詳しくは下記URLをご覧下さい。 【主催】 大学共同利用機関法人人間文化研究 …

第10回地域史卒論報告会を開催します!(3/21)

今年度も神戸史学会と共催で地域史卒論報告会を開催いたします。 この報告会は4月から社会人となる大学生のみなさんが、卒業論文で取り組んできた地域の歴史研究の成果を、市民のみなさまに報告していただくものです。10回目を迎えた …

朝日カルチャーセンター・福島フォーラム「歴史から見つめ直す『生存』の場」のお知らせ(2/28-3/1)

朝日カルチャーセンターでは、下記の要領で「歴史から見つめ直す『生存』の場」を開催するとのことです。2月28日には、ふくしま史料ネットの阿部さんや双葉町の吉野さんがお話しされます。チラシ(PDF)はこちらです。 日程 20 …

『史料ネットNewsLetter77号』を発行しました

このたび12月26日付でニュースレター76号を発行し、会員・サポーターの皆様にお送りしました。今号では、2014年8月豪雨災害対応について特集しております。ぜひご覧下さい。 目次 巻頭言 大国正美「2014年8月豪雨災害 …

東京文化財研究所研究会「これからの文化財防災―災害への備え」のお知らせ(12/4)

東京文化財研究所では、下記の要領で12月4日に研究会「これからの文化財防災―災害への備え」を開催するとのことです。当会代表の奥村弘もお話しさせていただきます。参加には事前の申し込みが必要です。詳しくは下記URLをご覧下さ …

仙台市博物館でシンポジウム「ふるさとの歴史と記憶をつなぐ」が開催されます(11/29)

宮城ネットからのお知らせです。 11月29日に宮城ネットなどが主催するシンポジウム「ふるさとの歴史と記憶をつなぐ-東日本大震災1400日・史料保全の「いま」と「これから」-」が開催されます。シンポジウムへの参加申し込みは …

平成26年8月豪雨による各地の被害情報まとめ

すでに報道等でご存知のように、8月15日からの大雨により近畿地方をはじめ各地で深刻な被害が発生しています。被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をこころよりお祈り申し上げております。 …

文化財保存修復学会 第36回大会のお知らせ

文化財保存修復学会の第36回大会が、以下の通り開催されます。 6月7日には、当会から吉川圭太・吉原大志(運営委員)が、宮城歴史資料保全ネットワークのメンバー等とともに、「被災歴史資料保存の普及に向けた実践的研究―神戸・宮 …

文化財保存支援機構シンポジウム「今、文化財が社会にできることⅡ」のお知らせ(4/26)

文化財保存支援機構では4月26日にシンポジウム「今、文化財が社会にできることⅡ」を開催されるとのことです。参加には事前のお申し込みが必要です。 詳しくは、下記URLをご覧下さい。 テ ー マ: 人はなぜ伝えようとするのか …

第10回神戸・阪神歴史講座「中世の旅の記録」のお知らせ(3/16)

辻川敦さんからのお知らせです。下記の要領で第10回神戸・阪神歴史講座「中世の旅の記録-東大寺宝珠院文書の研究から-」が開催されます。今回は京都大学が所蔵する宝珠院文書の研究が紹介されるとのことです。参加には事前のお申し込 …

1 2 3 4 »

カテゴリー

アーカイブ

Google Translate
PAGETOP
Copyright © 歴史資料ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.