歴史資料ネットワークでは、2018年度の総会・シンポジウム「地域歴史資料の魅力―集う・学ぶ・活かす―」を以下の要領で開催します。午後からのシンポジウムはどなたでも参加いただけます。会員のみなさまには、近く総会議案書をお送りしますので、ご確認ください。

シンポジウム「地域歴史資料の魅力―集う・学ぶ・活かす―」

 熊本地震から2年、東日本大震災から7年が経過した現在、被災資料の「救出」から「活用」への移行が課題として浮上してきました。また、昨年の文化財保護法改定をめぐる動きの中でも、「活用」のあり方が一つの論点となりました。被災地を含め各地で歴史資料の「活用」が強く意識され始めています。
これまで各地の史料ネットは多くの被災資料を救出してきました。この活動の基盤は、歴史資料を地域で共有していくことにあります。こうしたことについては、すでに各地で地道な取り組みが積み重ねられています。本シンポジウムではその取り組みに学びつつ、歴史資料の「活用」のあり方を、それに関わる人や場の観点からとらえ直してみたいと考えています。

  • 日時:2018年7月8日(日)13:30~17:40(13:00開場)
  • 会場:西宮市民会館(西宮市六湛寺町10番11号 阪神西宮駅「市役所口」北へ徒歩1分
    • 報告1:井上舞さん(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター)「地域での『保全』と『活用』を考える」
    • 報告2:佐藤宏之さん(鹿児島歴史資料防災ネットワーク(準備会))「史料保全活動と学校教育の連携の可能性ー鹿児島史料ネットの取り組みー」(※6月7日追記、佐藤報告のタイトルが修正されました)
    • コメント:大国正美(歴史資料ネットワーク)
  • 資料代:500円(歴史資料ネットワーク会員は無料)
  • チラシ(PDF):https://drive.google.com/file/d/1Xyi5-WeNfsvNdLKztYAdRC6yZK78fJd6/view?usp=sharing (※6月10日報告タイトル変更のためチラシを差し替えました)

なお、当日はインターネットでの中継を予定しております。詳細は、別にご案内いたします。