第4回目となる全国史料ネット研究交流集会の開催が決まりましたので、お知らせいたします。今回は開催地を岡山として、日常時の諸実践の共有や、他分野との協力のあり方を考えることで、地域歴史遺産の「減災」について展望します。また、今年は各地団体からの報告については、口頭報告だけではなくポスターセッションを充実させることで、参加者の皆さんのさらなる交流を図っていきたいと考えています。
口頭報告やポスターセッションについての参加団体や、懇親会(事前申し込み制)の詳細については、決定次第この場でお知らせいたします。
今年も全国各地からの多数のご参加をお待ちしております。

第4回 全国史料ネット研究交流集会 (1/20(土)・1/21(日)開催)のお知らせ

1995年の阪神・淡路大震災を機に設立された歴史資料ネットワークを皮切りに、全国各地で20以上の史料ネットが立ち上がり、災害から歴史資料を保全し、災害の記録を保存する活動に取り組んでいます。2011年3月の東日本大震災では、国の被災文化財等救援本部の活動とともに、史料ネット同士の連携と協力によって、地域に伝えられた多くの歴史・文化遺産が救出されました。2014年10月には国立文化財機構内に「文化財防災ネットワーク推進本部」が設置され、本年4月に発生した熊本地震を経て、歴史・文化遺産の防災に向けた全国的な連携体制づくりの強化が望まれています。

2015年2月、阪神・淡路大震災と歴史資料ネットワークの活動開始20年の節目に、神戸市で開催された第1回集会では「『地域歴史遺産』の保全・継承に向けての神戸宣言」が採択されました。東日本大震災5年の節目にあたる2016年3月には、被災地の一つである福島県内で第2回集会が開催され、被災地で取り組まれてきた活動から得られた経験を共有し、大規模災害に対する日常的な備えのあり方を展望しました。2016年12月には愛媛において第3回集会が開催され、昭和南海地震70年にあたり、保全資料の活用を通して、災害に強い地域社会をいかに形成するかについて考えました。

そしてこのたびの第4回は、2017年1月に岡山で開催するはこびとなりました。これまでの集会においては災害「後」の取り組みだけではなく、災害「前」の日常的な取り組みの大切が繰り返し指摘されてきました。近年、災害前から活動を立ち上げる「予防ネット」が多く展開していますが、岡山は「予防ネット」という考え方のもと、活動が積み重ねられている地です。その岡山において今回は、日常時の多様で豊かな実践を共有し、自然史や考古学など他分野との協力のあり方を考え、地域歴史遺産の「減災」を展望することを目的にしたいと思います。

ぜひ全国から多くの関係者にお集まりいただき、議論と交流を深めていきたいと考えています。

プログラム:

1月20日(土) 13:00~18:00

閉会挨拶
基調講演(13:10~14:45)
  • 久留島 浩 氏(国立歴史民俗博物館館長)「地域社会の歴史・文化・自然資源を自分たちのものに」
  • 久保田裕道 氏(東京文化財研究所無形民俗文化財研究室長)「無形文化遺産の災害復興と防災」
休憩 (14:45~15:00)
各地からの報告(15:00~16:40)
ポスターセッション・交流 (16:45~17:30)
懇親会(18:00~ )

懇親会は事前申し込みが必要です。申し込み方法については、現在準備中です。

1月21日(日) 9:30~13:00

各地からの報告 (9:30~11:30)
ポスターセッション・交流(11:30~12:00)
意見交流 (12:00~12:50)
閉会挨拶
【問い合わせ】

第4回全国史料ネット研究交流集会実行委員会事務局
今津勝紀(岡山史料ネット / 岡山大学)
メール:kimazu[at]cc.okayama-u.ac.jp([at]を@に変えてください)