記録と記憶をみらいへ
Blog

タグ : 兵庫

日本アーカイブズ学会研究集会「写真資料の整理・公開を考える―地域の文化と歴史の継承に向けて―」のお知らせ(1/23)

日本アーカイブズ学会では、下記の要領で写真の保存・活用に関する研究集会を開催するとのことです。参加は無料で、申し込みも不要とのことです。詳しくは下記URLをご覧下さい。 近年、各地の文書館、博物館、図書館、官公庁、NPO …

第5回地域歴史資料学研究会「身近な文化財を災害と日常の滅失から守る」のお知らせ(11/25)

神戸大学の吉川圭太さんからのお知らせです。科学研究費基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」研究グループ(研究代表者・奥村弘)では、下記の要領で第5回地域歴史資料学研究会を開催するとの …

静岡県教育委員会パネル展「震災と文化財」のお知らせ

静岡県教育委員会文化財保護課では、下記の要領でパネル展「震災と文化財」を開催するとのことです。詳しくは、下記URLをご覧ください。 今年は阪神・淡路大震災から20年を迎え、来年は東日本大震災から5年を迎える震災の節目の時 …

公開フォーラム「文化財防災体制についての国際比較研究」のお知らせ(10/24)

神戸大学人文学研究科地域連携センターからのお知らせです。以下の要領で10月24日に公開フォーラム「文化財防災体制についての国際比較研究」が開催されます。フォーラムへの参加申し込みは不要ですが、終了後のレセプション参加には …

神戸大学文学部公開講座「まちづくり地域歴史遺産活用講座2015」のお知らせ(10/17-18)

神戸大学大学院文学研究科地域連携センターからのお知らせです。下記の要領で、公開講座が開催されるとのことで、受講者を募集しています。詳しくはURLをご覧下さい。 神戸大学文学部公開講座「まちづくり地域歴史遺産活用講座201 …

近大姫路大学・歴史資料保存修復ワークショップのお知らせ(8/5-8/7)

近大姫路大学人文学・人権教育研究所(姫路市)では、下記の要領で「平成27年度文化財を災害から守る―歴史資料保存修復ワークショップ―」を開催するとのことです。資料保存に関わる専門家に限らず、どなたでもご参加いただけますが、 …

第17回火垂るの墓を歩く会のお知らせ(8/1・8/4)

「火垂るの墓を歩く会」が今年度も下記の要領で開催されます。申し込みは不要です。どうぞご参加下さい。 野坂昭如氏の小説『火垂るの墓』の舞台となったゆかりの地を歩きなが ら、戦争の歴史について学ぶ火垂るの墓を歩く会を、戦後7 …

『史料ネットNewsLetter』79号を刊行しました

6月15日付けで、史料ネットNewsLetterの第79号を刊行し、会員・サポーターのみなさまにおおくりいたしました。ご購読のお申し込みは、こちらからお願いいたします。 巻頭言 前田結城「私の委員としての活動の経緯と現下 …

『史料ネットNewsLetter78号』を発行しました

少し前のことになりますが、4月30日付けで当会のニュースレター第78号を発刊いたしました。巻頭言はニュースレターは会員・サポーターのみなさまにお送りしているものです。こちらよりお申し込みください。 目次 巻頭言 奥村弘「 …

神戸・阪神歴史講座 第13回「戦後70年企画 戦争の歴史を記録し伝える」のお知らせ(6/21)

神戸史学会などが主催する神戸・阪神歴史講座が、第13回目を開催します。 今回は戦後70年企画として、「戦争の歴史を記録し伝える」がテーマとなっています。 定員は先着100名、資料代100円、事前申し込みが必要です。 詳細 …

兵庫県立考古博物館特別展「地震・噴火・洪水―災害復興の3万年史」が開催されます(4/18-6/21)

兵庫県立考古博物館で、特別展「地震・噴火・洪水―災害復興の3万年史」が開催されるとのことです。詳しくは下記URLをご覧下さい。 本展では兵庫県内で発生した自然災害と人間の歴史的な関係を、遺跡からの出土品によって紹介し、将 …

神戸空襲を記録する会講演会『戦後70年を抱きしめて』のお知らせ(5/17)

神戸空襲を記録する会からのお知らせです。 史料ネットは、毎年夏に行われる「火垂るの墓を歩く会」などで、 神戸空襲を記録する会との関わりがあります。 戦後70年の節目ということで、講演会が開催されます。 参加費500円、定 …

講演会「伝えたい!神戸の図書館からのメッセージ」のお知らせ(4/25)

神戸・図書館ネットワークから講演会のお知らせです。 図書館ネット主催講演会「今、公共図書館を考える」シリーズの6回目として、震災を通して見えてくる図書館の重要性を考えたいとのことです。 定員50名、参加無料。 事前申し込 …

第3回地域歴史資料学研究会「2014年8月豪雨災害対応研究会」のお知らせ(3/24)

神戸大学では、以下の要領で「2014年8月豪雨災害対応研究会」を開催するとのことです。広島・京都・兵庫の事例をとりあげるものです。ぜひご参加下さい。 科研S 第3回地域歴史資料学研究会「2014年8月豪雨災害対応研究会」 …

兵庫区歴史講演会「戦災から70年、震災から20年」のお知らせ(3/29)

今年も兵庫区と共催し、下記の要領で歴史講座を開催いたします。阪神・淡路大震災から20年、戦後70年について神戸から考えます。どなたでもご参加いただけますが、お申込みが必要です。 日時:2015年3月29日(日)13:00 …

第10回地域史卒論報告会を開催します!(3/21)

今年度も神戸史学会と共催で地域史卒論報告会を開催いたします。 この報告会は4月から社会人となる大学生のみなさんが、卒業論文で取り組んできた地域の歴史研究の成果を、市民のみなさまに報告していただくものです。10回目を迎えた …

人と防災未来センター・フォーラム「阪神・淡路大震災のデジタルアーカイブ-今後の活用を考える-」のお知らせ(2/22)

人と防災未来センターでは、下記の要領でフォーラム「阪神・淡路大震災のデジタルアーカイブ -今後の活用を考える-」を開催するとのことです。参加は無料です。ご案内が直前となりましたが、ぜひお運び下さい。チラシはこちら(PDF …

「全国史料ネット研究交流集会」をインターネット中継します

今週末に開催いたします「全国史料ネット研究交流集会」の模様をこちらのページでインターネット中継いたします。配信予定時刻と配信URLは以下の通りです。 2015年2月14日(土)13:00-18:00(日本時間) http …

尼崎市立文化財収蔵庫でミニ展示企画「尼崎・災害の歴史」が開催中(-3/1)

尼崎市立文化財収蔵庫では、下記の要領でミニ展示企画「尼崎・災害の歴史」が開催されています。また、2月12日から20日にかけて、兵庫県下被災各市の「震災と文化財」に関する取り組みを紹介したパネルも展示されるとのことです。詳 …

日本銀行神戸支店が特別展「震災20年 未来への記憶」を開催中(-2/16・要事前申込)

日本銀行神戸支店では、現在下記の要領で特別展「震災20年 未来への記憶」を開催中です。阪神淡路大震災当時の写真や資料を展示するものです。見学は1日3回実施されますが、各回の定員は20名で、前営業日までの参加申し込みが必要 …

神戸ファッション美術館で特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」が開催中(-4/7)

神戸ファッション美術館からのお知らせです。現在、館では、特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」を開催中です。また、会期中の2月8日には国立民族学博物館の日高さんも参加した催しも開催されるとのことです。詳 …

西日本自然史系博物館ネットワーク総会シンポジウム 「自然史標本の保全を考える 日常から緊急時、復興まで」のお知らせ(2/9)

西日本自然史系博物館ネットワークでは、下記の要領で、総会シンポジウム 「自然史標本の保全を考える 日常から緊急時、復興まで」を開催するとのことです。申し込みは不要です。 阪神・淡路大震災から20年、東日本大震災から4年、 …

『史料ネットNewsLetter77号』を発行しました

このたび12月26日付でニュースレター76号を発行し、会員・サポーターの皆様にお送りしました。今号では、2014年8月豪雨災害対応について特集しております。ぜひご覧下さい。 目次 巻頭言 大国正美「2014年8月豪雨災害 …

兵庫県公館県政資料館・歴史資料解説講座のお知らせ(2/18・25)

兵庫県公館県政資料館では、「兵庫県史」の編纂のために収集した資料を活用した「歴史資料解説講座」を行っています。今年度は2回の講座のうち、1回で「兵庫県域の災害記録:阪神・淡路大震災を含むさまざまな災害記録」をとりあげると …

神戸市が阪神・淡路大震災に関連する行政文書の公開を始めました

本日、阪神・淡路大震災の発生から20年目を迎えました。震災で亡くなられた方々のご冥福を改めてお祈りいたします。歴史資料ネットワークは今後も被災地での歴史資料の保全と活用、震災資料の保存活動などの支援に取り組んでまいります …

兵庫県立考古博物館講演会「災害と遺跡」のお知らせ(1/17-2/7)

兵庫県立考古博物館では、下記の要領で、連続講演会「災害と遺跡」を開催するとのことです。どなたでもご参加いただけます。詳しくは、下記URLをご覧下さい。 阪神・淡路大震災や東日本大震災の復旧・復興事業に伴う埋蔵文化財調査の …

歴史資料ネットワーク・兵庫県立美術館コラボ企画「あなたにも救える!水損資料保全ワークショップ―写真資料と紙資料―」のお知らせ(1/24)

兵庫県立美術館では、現在、阪神・淡路大震災20周年関連企画として、「県美プレミアム 阪神・淡路大震災から20年展」を開催中です。 その関連事業で歴史資料ネットワークとのコラボ企画として、1月24日(土)に水損資料の応急処 …

神戸大学文学部地域連携センター歴史文化をめぐる地域連携協議会「改めて地域歴史遺産を問い直す」のお知らせ(1/31)

神戸大学文学部地域連携センターでは、下記の要領で第13回歴史文化をめぐる地域連携協議会「改めて地域歴史遺産を問い直す」を開催するとのことです。参加は無料ですが、事前の申し込みが必要です。詳しくは、下記URLをご覧下さい。 …

兵庫県立歴史博物館で特別企画展「阪神・淡路大震災20年「災害と歴史遺産」―被災文化財等レスキュー活動の20年」が開幕(-3/15)

兵庫県立歴史博物館では、現在、特別展「阪神・淡路大震災20年「災害と歴史遺産」―被災文化財等レスキュー活動の20年」が開催されています。会期は3月15日までで、2月8日には水損史料修復のワークショップ(要申込)も開催しま …

兵庫県公館県政資料室で特別展示「1995年1月17日から20年」が開催中です(-2/21)

兵庫県公館県政資料館では、下記の要領で、阪神・淡路大震災20年メモリアル特別展示「1995年1月17日から20年 もう一度振り返る阪神・淡路大震災」を開催しています。写真パネル、データパネル、実物資料などを展示するもので …

« 1 2 3 4 14 »
  • twitter

カテゴリー

アーカイブ

Google Translate
PAGETOP
Copyright © 歴史資料ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.