記録と記憶をみらいへ
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 文献の案内

文献の案内

宮城ネット企画「よみがえるふるさとの歴史」シリーズが刊行中です

宮城ネットでは、被災地の歴史を掘り起こしていく取り組みとして、「よみがえるふるさとの歴史」シリーズを企画され、蕃山房より刊行を進めておられます。ぜひご覧下さい。チラシはこちら→PDF よみがえるふるさとの歴史1『荒浜湊の …

茨城史料ネットが活動紹介パンフレット『身近な文化財・歴史資料を救う、活かす、甦らせる』を発行

茨城史料ネットでは、2011年7月の活動開始からほどなく3年を迎えるにあたって、『身近な文化財・歴史資料を救う、活かす、甦らせる』(16頁)を発行されました。先日の歴史学研究会大会特設部会で配布されたほか、県内の関係先に …

『国立国会図書館月報』に東日本大震災アーカイブ・シンポ「未来をつくる地域の記憶」の記録が掲載

2014年1月11日に国立国会図書館と東北大学災害科学国際研究所が開催した、東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム「未来をつくる地域の記憶」の概略をまとめた記事が掲載されました。以下よりご覧いただけます。 『国立国会図書 …

奈良県が「歴史から学ぶ 奈良の災害史」を刊行

このたび奈良県が「歴史から学ぶ 奈良の災害史」を刊行しました。過去に奈良県内に被害をもたらした過去の災害について1冊にまとめたものとのことです。以下から、PDFファイルをダウンロードすることができます。ぜひご覧ください。 …

いわて高等教育コンソーシアム主催のシンポ「東日本大震災の検証と来るべき震災への備えへの提言」の記録が刊行されました

大石泰夫(いわて高等教育コンソーシアム)さんからのお知らせです。 2013年3月にいわて高等教育コンソーシアムで開催された「東日本大震災の検証と来るべき震災への備えへの提言―資料保存と救済のあり方から」のシンポジウムが、 …

リアス・アーク美術館が常設展「東日本大震災の記録と津波の災害史」の図録を刊行されました

リアス・アーク美術館(宮城県気仙沼市)では、このたび館の常設展「東日本大震災の記録と津波の災害史」の図録を刊行されたとのことです。 製作した5000部のうち、半数を地域の学校に寄贈するとともに、館では1冊800円(税込) …

仙台市博物館が『仙台市博物館の資料レスキュー活動』『 土と文字が語る仙台平野の災害の記憶(増補改訂版)』を刊行しました

このたび仙台市博物館では以下のような刊行物を発行されたとのことです。当会の事務局にも御恵投いただきました。ありがとうございました。 仙台市博物館編『仙台市博物館の資料レスキュー活動-東日本大震災の取り組み-』2014年3 …

地域史料保全有志の会が『地震被災地 長野県栄村における文化財保全活動のあゆみ』を発行されました

このたび地域史料保全有志の会(長野県栄村)の白水智さんより、『地震被災地 長野県栄村における文化財保全活動のあゆみ』をお送りいただきました。ありがとうございました。 本書は、会で取り組んでこられた2011年4月から201 …

『史料ネットNews Letter』第75号を発行いたしました

2014年2月21日付でニュースレター75号を発行いたしました。 本号では、佐々木さんより震災史料の問題に関する論考、李さんより2013年8月に開催された火垂るの墓を歩く会の参加記、大島さんより2010年10月の奄美豪雨 …

『歴史学研究』2014年3月号は「シリーズ 3.11からの歴史学 -その3-」です

歴史学研究会の会誌『歴史学研究』の2014年3月号(916号)は、「シリーズ 3.11からの歴史学 -その3-」として、以下の論考を掲載しています。ぜひご覧下さい。 シリーズ 3.11からの歴史学 -その3- 提言 過去 …

愛知県が「歴史地震記録に学ぶ防災・減災ガイド」を作成しました

愛知県では、このたび過去の教訓に学び、地域における災害伝承を促し、地震災害に対する備えについて考えていただくことを目的に「歴史地震記録に学ぶ防災・減災ガイド」を作成されたとのことです。下記よりダウンロードすることができま …

『歴史文化を大災害から守る 地域歴史資料学の構築』が刊行されました!

このたび東京大学出版会から、奥村弘編『歴史文化を大災害から守る 地域歴史資料学の構築』が刊行されました。これは科学研究費補助金基盤研究(S)「大規模自然災害時の史料保全論を基礎とした地域歴史資料学の構築」研究グループによ …

『史料ネットNewsLetter』第74号を発行しました

『史料ネットNewsLetter』第74号を発行しました。 今回は、昨年3月に行われた地域史卒論報告会の記録や、 史料ネット総会・シンポジウムの記録を掲載しています。 史料ネットNewsLetter第74号(2013年1 …

神戸大学文学部地域連携センターからLINK第5号が刊行されました

神戸大学文学部地域連携センターの年報・LINK第5号がこのほど刊行されました。 西村慎太郎さんが奥村弘『大震災と歴史資料保存』の書評をおこなっています(神戸大リポジトリ)。 目次と本文は下記よりご覧いただけます。 URL …

徳島地方史研究会『史窓』43号が徳島ネットの設立を特集しています

歴史資料保全ネットワーク・徳島の町田哲さんより徳島地方史研究会の会誌『史窓』43号(2013年3月)をいただきました。ありがとうございました。 本号では、「「歴史資料保全ネットワーク・徳島」の設立」が特集されており、関係 …

『ふくしま再生と歴史・文化遺産』が刊行されました

福島ネットからのお知らせです。 2月に開催されたシンポジウムの内容がこのたび『ふくしま再生と歴史・文化遺産』として刊行されました。ぜひご覧ください。 URI:http://blog.ap.teacup.com/fukus …

青木睦さんが「被災資料救助から考える資料保存」(けやき出版)を刊行されました

このたび青木睦さん(国文学研究資料館)が釜石での取り組みを中心に被災資料の保全活動について書かれた「被災資料救助から考える資料保存」がけやき出版より刊行されました。ぜひご覧下さい。 URL:けやき出版 http://ww …

『歴史評論』763号に茨城ネットの記事が掲載されています

歴史科学協議会の会誌『歴史評論』763号(2013年11月号)に泉田邦彦さんが「福島県における茨城史料ネットの資料保全活動」を執筆されています。ぜひご覧ください。 お求めは一般書店へのご注文、または歴史科学協議会事務局( …

摂津市が『昭和28年台風13号災害写真集』(新修摂津市史・史料集1)を刊行しました

  摂津市では、市史編さんの一環として、このたび1953年の台風13号の被害状況を記録した写真集を発行されました。この台風13号は、その後の淀川治水計画の方向性を決定づける契機となった災害とのことです。また、刊 …

『歴史評論』761号に「資料保全活動の現在」を掲載していただきました

歴史科学協議会が発行する『歴史評論』761号の<文化の窓>欄に、 当会の吉原大志(運営委員)が執筆した「資料保全活動の現在」が掲載されました。 東日本大震災以後の史料ネットの取り組みについて述べたものです。 これ以後も各 …

『歴史学研究』9月号はシリーズ「3・11からの歴史学」の第2弾です

歴史学研究会の会誌『歴史学研究』2013年9月号は、シリーズ「3・11からの歴史学」の2回目です。ぜひご覧下さい。 シリーズ 3.11からの歴史学-その2- 提言 河西英通「われわれは東北史になにを学ぶか-3.11以後の …

岩田書院から『「地域歴史遺産」の可能性』が刊行されました

神戸大学大学院文学研究科地域連携センターでは、このたびセンター設立10周年を記念し『「地域歴史遺産」の可能性』を刊行されました。これまでのセンターの取り組みについて、今後取り組むべき課題も含めてまとめられたものです。発行 …

『歴史評論』760号が「災害と都市の比較史」を特集

歴史科学協議会の会誌『歴史評論』760号(2013年8月号)が「災害と都市の比較史」を特集し、関連論文を掲載しています。ぜひご覧下さい。お求め方法はこちらをご覧下さい。 本特集は災害史研究における地球規模の比較を試みてい …

『地方史研究』363号に東日本大震災関連の文献が掲載されました

地方史研究協議会の会誌『地方史研究』363号(2013年6月号)では、下記のように2月に福島と千葉で開催されたの記録が掲載されています。ぜひご覧下さい。 渡辺文久「福島大学うつくしまふくしま未来センター設立2周年記念第6 …

『史料ネット News Letter』第73号を発行しました

歴史資料ネットワークでは、このたびニュースレター73号を発行いたしました。 今号では、2月に開催しました「水に濡れた紙とフィルムの修復ワークショップ」について、講師をつとめていただきました映画保存協会の中川望さん、鈴木伸 …

『歴史評論』759号に「歴史資料保全ネットワーク・徳島」の記事が掲載されました

歴史科学協議会の会誌『歴史評論』759号(2013年7月号)に、町田哲さんが「「歴史資料保全ネットワーク・徳島」の設立 」を執筆されています。そのほかの目次はこちらをご覧ください。徳島ネットの活動について報告されています …

渡辺邸(大阪市淀川区)に関する調査報告が『ヒストリア』に掲載されました

大阪歴史学会からのお知らせです。 2012年に解体された大阪市内最古の民家である渡辺邸(大阪市淀川区)について、大阪歴史学会の会誌『ヒストリア』238号に地村邦夫氏(府教委文化財保護課)が「渡邊邸―失われた大阪市最古の民 …

『常総中世史研究』創刊のお知らせ

茨城史料ネットの高橋修さんよりのお知らせです。このたび、下記のように『常総中世史研究』が創刊されたとのことです。先に展覧会が行われた「小野崎文書」についての論考もあります。6月中は送料無料とのことですので、ぜひお早めにお …

『「生存」の東北史』刊行と合評会のお知らせ(7/28)

このたび、大月書店から『「生存」の東北史』が刊行されました。これは昨年開催された朝日カルチャーセンター(新宿)の連続講座「『生存』の歴史を掘り起こす 東北から問う近代120年」がもとになったもので、当会事務局長の川内淳史 …

総務省が「震災関連デジタルアーカイブ構築・運用のためのガイドライン」を公表

総務省では「東日本大震災アーカイブ」(ひなぎく)を構築することで得られた知見をもとに、「震災関連デジタルアーカイブ構築・運用のためのガイドライン(2013年3月)」を公表しました(5月20日)。デジタルアーカイブを構築す …

« 1 2 3 6 »

カテゴリー

アーカイブ

Google Translate
PAGETOP
Copyright © 歴史資料ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.