記録と記憶をみらいへ
Blog

タグ : 京都

文化遺産防災国際シンポジウム「文化遺産を大災害からどう守るか:ブルーシールドの可能性」のお知らせ(12/13)

国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進本部では12月13日10時より京都国立博物館において、文化遺産防災国際シンポジウムを開催するとのことです。参加には事前のお申し込み(定員200名)が必要です。詳しくは、こちらのUR …

国立公文書館で特別展「災害に学ぶ ―明治から現代へ―」が開催されます(9/19-10/12)

国立公文書館(東京)では、下記の要領で特別展「災害に学ぶ―明治から現代へ―」を開催するとのことです。詳しくは下記をご覧下さい。 地震、噴火、台風、洪水などの自然災害だけでなく、火災や戦災等についても取り上げるほか、救護活 …

歴史学研究会大会のお知らせ(5/23-24)

  2015年5月23日(土)~24日(日)、歴史学研究会の大会が慶應義塾大学三田キャンパスにて開催されます。 今年も史料ネットでは、会場内で書籍展示を行いますので、大会に参加される方は、ぜひお立ち寄りください …

史料保存利用問題シンポジウム「地域史料に未来はあるか?―史料の保存利用と地域のアイデンティティ―」のお知らせ(6/27)」

  日本歴史学協会などが主催するシンポジウム「地域史料に未来はあるか? ―史料の保存利用と地域のアイデンティティ― 」が開催されます。 詳細はコチラ(日本アーカイブズ学会のページに移ります) 史料保存利用問題シ …

日本アーカイブズ学会大会のお知らせ(4/25-26)

日本アーカイブズ学会より大会のお知らせです。 参加費は会員500円、非会員1,000円、 事前申し込み不要とのことです。 詳細はコチラ 日本アーカイブズ学会2015年度大会 【日時】2015年4月25日(土)・26日(日 …

国文学研究資料館編『幕藩制アーカイブズの総合的研究』が刊行されました

国文学研究資料館編『幕藩制アーカイブズの総合的研究』(思文閣出版、2015年2月20日)が刊行され、当会の事務局にも御恵贈いただきました。ありがとうございました。 http://www.shibunkaku.co.jp/ …

第3回地域歴史資料学研究会「2014年8月豪雨災害対応研究会」のお知らせ(3/24)

神戸大学では、以下の要領で「2014年8月豪雨災害対応研究会」を開催するとのことです。広島・京都・兵庫の事例をとりあげるものです。ぜひご参加下さい。 科研S 第3回地域歴史資料学研究会「2014年8月豪雨災害対応研究会」 …

十日町市古文書整理ボランティア記念講演会のお知らせ(3/21)

新潟県十日町市では、中越地震を機に古文書整理ボランティアが活動しています。これまでのボランティアのあゆみを記録した冊子『新潟県中越大震災と資料整理 ― 十日町市古文書整理ボランティアのあゆみ ― 』が刊行されたことをうけ …

人間文化研究機構研究会「人文科学における災害情報の共有化」のお知らせ(3/28)

人間文化研究機構では、下記の要領で研究会「人文科学における災害情報の共有化」を開催するとのことです。参加には、事前に申し込みが必要とのことです。詳しくは下記URLをご覧下さい。 【主催】 大学共同利用機関法人人間文化研究 …

第10回地域史卒論報告会を開催します!(3/21)

今年度も神戸史学会と共催で地域史卒論報告会を開催いたします。 この報告会は4月から社会人となる大学生のみなさんが、卒業論文で取り組んできた地域の歴史研究の成果を、市民のみなさまに報告していただくものです。10回目を迎えた …

朝日カルチャーセンター・福島フォーラム「歴史から見つめ直す『生存』の場」のお知らせ(2/28-3/1)

朝日カルチャーセンターでは、下記の要領で「歴史から見つめ直す『生存』の場」を開催するとのことです。2月28日には、ふくしま史料ネットの阿部さんや双葉町の吉野さんがお話しされます。チラシ(PDF)はこちらです。 日程 20 …

『史料ネットNewsLetter77号』を発行しました

このたび12月26日付でニュースレター76号を発行し、会員・サポーターの皆様にお送りしました。今号では、2014年8月豪雨災害対応について特集しております。ぜひご覧下さい。 目次 巻頭言 大国正美「2014年8月豪雨災害 …

東京文化財研究所研究会「これからの文化財防災―災害への備え」のお知らせ(12/4)

東京文化財研究所では、下記の要領で12月4日に研究会「これからの文化財防災―災害への備え」を開催するとのことです。当会代表の奥村弘もお話しさせていただきます。参加には事前の申し込みが必要です。詳しくは下記URLをご覧下さ …

仙台市博物館でシンポジウム「ふるさとの歴史と記憶をつなぐ」が開催されます(11/29)

宮城ネットからのお知らせです。 11月29日に宮城ネットなどが主催するシンポジウム「ふるさとの歴史と記憶をつなぐ-東日本大震災1400日・史料保全の「いま」と「これから」-」が開催されます。シンポジウムへの参加申し込みは …

平成26年8月豪雨による各地の被害情報まとめ

すでに報道等でご存知のように、8月15日からの大雨により近畿地方をはじめ各地で深刻な被害が発生しています。被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をこころよりお祈り申し上げております。 …

文化財保存修復学会 第36回大会のお知らせ

文化財保存修復学会の第36回大会が、以下の通り開催されます。 6月7日には、当会から吉川圭太・吉原大志(運営委員)が、宮城歴史資料保全ネットワークのメンバー等とともに、「被災歴史資料保存の普及に向けた実践的研究―神戸・宮 …

文化財保存支援機構シンポジウム「今、文化財が社会にできることⅡ」のお知らせ(4/26)

文化財保存支援機構では4月26日にシンポジウム「今、文化財が社会にできることⅡ」を開催されるとのことです。参加には事前のお申し込みが必要です。 詳しくは、下記URLをご覧下さい。 テ ー マ: 人はなぜ伝えようとするのか …

第10回神戸・阪神歴史講座「中世の旅の記録」のお知らせ(3/16)

辻川敦さんからのお知らせです。下記の要領で第10回神戸・阪神歴史講座「中世の旅の記録-東大寺宝珠院文書の研究から-」が開催されます。今回は京都大学が所蔵する宝珠院文書の研究が紹介されるとのことです。参加には事前のお申し込 …

日本史研究会1月例会「被災歴史資料保全活動と災害史研究」のお知らせ(1/26)

新年最初の投稿です。事務局一同、本年のみなさまのご健康とご多幸をお祈りしております。ほどなく、阪神・淡路大震災から19年、東日本大震災から3年を迎えますが、それぞれの地域で歴史資料の保全やその活用にむけた取り組みが粘り強 …

企画展「近代日本の幕開けと私立法律学校―神田学生街と法典論争―」のお知らせ

明治大学史資料センターより企画展「近代日本の幕開けと私立法律学校―神田学生街と法典論争―」のお知らせです。 専修大学・中央大学・日本大学・明治大学の4大学のアーカイブが共同で主催する企画展とのことです。入場無料。  明治 …

公開シンポジウム「災害に学ぶ―歴史文化情報資源の保全と再生―」のお知らせ

人間文化研究機構連携研究「大規模災害と人間文化研究」から公開シンポジウム開催のお知らせです。 どなたでも参加可能のようですので、奮ってご参加ください。 詳細はコチラ。 人間文化研究機構連携研究「大規模災害と人間文化研究」 …

京都府立総合資料館シンポジウム「総合資料館の50年と未来」のお知らせ(11/16)

京都府立総合資料館では、下記の要領で、開館50周年を記念してシンポジウム「総合資料館の50年と未来」を開催するとのことです。事前の申し込みは不要とのことです。 平成25(2013)年は昭和38(1963)年の総合資料館開 …

大学博物館連携シンポジウム「これでいいのか?大阪のミュージアム」のお知らせ(11/9)

大阪大学総合学術博物館・大阪商業大学商業史博物館では、下記の要領でシンポジウム「これでいいのか?大阪のミュージアム」を開催するとのことです。事前の申し込みは不要とのことです。 「新たな学術研究を支える基盤」である大学博物 …

2013年9月台風18号に関する被害情報まとめ

2013年9月16日に上陸した台風18号は、各地に甚大な被害をもたらしております。被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げております。 お近くの文化財や地域の記録な …

日本史研究会9月例会「空襲研究を考える/空襲研究から考える」のお知らせ(9/21)

日本史研究会では、下記の要領で9月例会「空襲研究を考える/空襲研究から考える」を開催します。ぜひご参加下さい。 日 時: 9月21日(土) 13:00~17:00 場 所:機関誌会館 5階大会議室 京都府京都市上京区新町 …

京都府立総合資料館「地域の歴史を学び未来に伝えるシンポジウム―山城地域の活動報告を中心として」のお知らせ(9/29)

京都府立総合資料館では、下記の要領で「地域の歴史を学び未来に伝えるシンポジウム―山城地域の活動報告を中心として」を開催するとのことです。ふるってご参加下さい。 日時:2013年9月29日 14:00~16:30 入場料無 …

向日市文化資料館で企画展示「くらしのなかの戦争-近代の震災と戦争」が開催中です(-9/8)

向日市文化資料館(京都府)では、下記の要領で企画展示「くらしの中の戦争―近代の戦争と震災」を開催中とのことです。濃尾地震や米国サンフランシスコ地震、北丹後地震の際に義援金を送った上植野区の日誌なども展示されているとのこと …

山城郷土資料館で企画展「南山城の災害史」が開催中です(-8/25)

京都府立山城郷土資料館(木津川市山城町)では、下記の要領で企画展「南山城の災害史」が開催されています。1953年の南山城水害から60年が経過したことにちなんで開催されるもので、期間中は節電効果を高めるため入館料が無料にな …

京都府立総合資料館トークセッション「新資料館に期待する」のお知らせ(7/14)

11月に開館50周年を迎え現在新館構想が進められている京都府立総合資料館では、記念事業の第1弾として下記の要領でトークセッション「新資料館に期待する」を開催するとのことです。参加には事前のお申し込みが必要ですが、会場の様 …

saveMLAK活動報告会2013のお知らせ(6/30)

東日本大震災を契機として博物館(M)・図書館(L)・文書館(A)・公民館(K)などの支援活動に取り組んできたsaveMLAKでは、下記の要領で今年度の報告会を開催されるとのことです。参加される方は事前にお申し込みにご協力 …

« 1 2 3 5 »
  • twitter

カテゴリー

アーカイブ

Google Translate
PAGETOP
Copyright © 歴史資料ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.